紅塵は振り返ってほほえむ、あなたはもう私の鼻水解消法かつて

すべての人に

が刺靑、振る行かない、忘れられないで、愛が来た時、妖艶に野生の、愛が行った時、血の割には若死.歳月は風のように、世の変転、酒に酔って歌で、もとは、紅塵は振り返ってほほえむ.

p>異郷が静か<
;夜闌珊、独倚、思い千、思いきって捨て思いだす今日ならない愛ではなく、無力で、また傷つくたくない、夢を持って行は、胸の記憶が煙を抜けて、月輝軽い寒、漸次ぼんやりして割眸光中の曲がりくねっている.

の曲を聴く、読みが一人、憶城、は無声に魂のささやきに耳を傾け、靑白い燈火墨の下で、誰が誰の変わらない?月影は誰の花にも、誰の花が咲いているのですか?

憶起の最後にあなたの城と君の手を振り、定格の永遠にも、元、一別に照らし出す訣、まなざしを、いつも痛く憶起の過去が日々が軋みた心臓が毎回強く涙が壊滅、才知、愛が深いほど、痛みが深くて、やっとわかって、縁縁へ来て、ただ似水流年.

張愛玲は言います:私は思って、愛情の人生の殘念なことがいっぱいできる、しかし、製造多く殘念なことに、どうしても愛情.愛、1種の幸福で、誰が知っていて、愛して、いくつかの時、1種の肝胆張り裂けそうな痛み?

私たちは、いつも文字が、私たちに長い鎮座窓の前に座って、何度も繰り返し、音楽、私たちが停止させることができ、夜明けから夜明け.流れる時間に照らして、顔の変遷を経て、多くの人は、たくさんのこと、忘れない、間に合わないよう、つかの間、滴の時の流れは、静かに歩くのが遠い.

p> <かもしれない、すべての人にすべて1つの刺靑、振る行かない、消せない、愛が来た時、なまめかしく割野性;愛が行った時、血の割には若死.

あなたは笑って,鼻水解消法、私は何日を喜んで、あなたは泣いて一度、私は何年も悲しくなって、私は何年も悲しくなって,痛みのセンテンス、終幕にぎやか、誰と天涯に終幕ますか?

とずっと思っていた、愛は、舒婷併んで立つ花が咲く木.情は、張愛玲の低にほこりの中にも咲く花が、もとは、愛、ただ含笑飲国連!

悲しみは人が好きで、しかし時には悲しみ、悲しみはかつて来たことがあるため、かつてはあなたの心房に足を止めて.この世には情という字は、あまり多くの人が、それを着ていて、しかし、悟は得られないという!

p>曲<エレジー,場は若死に…..

夜がまだ明けない、絃断腸の思い、箏歌わからない夜の悲しみ、流水幽冥乗せ不動多く愁、雲散淡はで、般若の夢、誰の軽吟ひき落ちた思い合って?誰の纤指叩き痛くなった満天の星に願いを.断章殘つパッチワークから昨日、円満似水流年はどうなってますか?が襲っ惊梦、まるでネコジャラシで、それから、長歌か所、蓮の葉にしてスカート、振り返って見るに、蓮の花葬心.

は誰が言っていた:愛情は変なものが、情は滄桑の変、思いは頑固で振り返って見る所駅成风景.はい、一人で1瞬だけ、好きになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です