糖尿鼻水解消法病網膜症

医師、私は最近視力がぼんやりして、しかも目の前に1つの影があって、目が回転して飛んでいくことができて、Pてくる<P>

医者に目を見て、糖尿病にかかっているのでしょうか.と

私の糖尿病は十年年だが、最近の視力はよくないと病気になっている.

病歴及び検査結果によってあなたは糖尿病網膜症と硝子体出血による出血です.

私は最近私の糖尿病は比較的に深刻で、しかし最近血糖は制御して安定して、どうして視力は依然として正常に回復することができません.

いったい、糖尿病網膜症とは何かがありますか?よくある症状?糖尿病は良好な時、また網膜症の病変がありますか?治療後視力回復は可能ですか?

糖尿病網膜の病理の変化はない逆行の病変、糖尿病が適切に制御に未網膜ミクロ血管代謝は正常ではないので、閉塞や出血を硝子体出血が起こると視力の不良や多くの影の症状が現れる.深刻な時更に網膜の浮腫、酸欠と神経細胞壊死、視力がひどくなることはもっとひどい、この時やっと治療をしてすでに壊死の網膜神経を復元することができないことを治療することができます.そのため、糖尿病網膜病変の治療はできる限り維持で治療を開始時の視力に戻れない未病気になる前の視力、だから、予防や健康の道、早期に治療を検査しなければならない良い未ダメージの視力.

台灣目下経済や生活条件が絶えず向上し、糖尿病の患者は八十万人に達し、しかも半数以上の患者の知らない自分が糖尿病.統計によると毎年約10-12%の新糖尿病例によって網膜病変失明、糖尿病患者とも言える、目の失明率一般人より高い25倍.

糖尿病が起きたばかりの時に、直ちに網膜病変の、通常発症五年後、血糖未適切に制御するなら,鼻水解消法、7%の患者が網膜病変、十年後には26%増加、十年後には63%増加、軽視できないの.

p糖尿病網膜症,初期は基底型、網膜が微血管や動脈瘤、網膜出血、脂質滲出及び軟らかい性滲ん物.早く制御しなければ、レチノイン酸欠酸欠、神経盤及び網膜増殖血管、黄斑浮腫、硝子体出血、牽引性網膜剥離の増殖型病変、視力は深刻に壊れている.

糖尿病は予防できないが、網膜症は早期治療が早期発見、視力、治療法は眼科技術の向上及びレーザーの発展に伴って、現在、非常に良い効果があります.まず、薬物の治療を利用して、血糖を制御180mg以下で、でも利用できるレーザー治療は,アルゴンクリプトンガスや、透過晶状のレンズが網膜の上の病巢のように、新生血管、出血区及び酸欠無血管灌流区、容態が制御.

pは網膜症になっても、深刻な増殖型になり、硝子体出血、牽引性網膜剥ぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です