骨折した家庭応鼻水解消法急処置

骨折(fractureオブbones)は指骨小梁の連続性が中断.外傷の骨折を引き起こすと外傷性骨折、骨格自体に病変が軽微に損傷による病気を口実にする理性骨折.症状(いち)ショック深刻の外傷、大型骨折や多発性や開放型骨折、出血、軟組織損傷や他の臓器の深刻な合併複合損傷や痛みの激しいショックを受け付けるよう.(2)に腫れと皮下溢血で骨髄骨膜や週囲の軟組織損傷、出血が腫れ、皮下鬱血斑.(さん)痛みと圧痛骨折箇所痛みで直接あるいは間接圧痛.機体内部の支柱に作用が喪失し、機能部分または完全喪失.(ご)発熱一般骨折体温は正常で,血腫吸収微熱が、普通は38℃前後と、感染に伴うなら、高熱.診断のポイント(1)は、創傷、衝撃、押し出しなど、明らかな外傷があります.臨床表現を臨床表現.(3)特有の徴候:畸形骨折段のシフト、肢体が現れて奇形が現れて.異常な活動に異常な活動があり、関節が現れないように活動している.③骨擦音、骨摩擦感や骨伝導音が.(4)X線検査では、骨折部位、性質、タイプと、治療に対する指導意義があります.家庭応急処置(1)は昏睡状態に昏睡、ショック患者を積極的に救急処置して.(2)は病状変化に密接に観察し、損傷の治療の治療に注意する .(3)開放性骨折はまず清創、再リセット.(4)肢体腫脹深刻な者は、先に臨時に固定し、つり上げ、腫れが消えた後リセット.小添え木固定後、肢と注意血運、適時にゆるみ度、定期再検査.2週間、血液循環を促進するために、関節硬直と筋肉萎縮に筋肉の舒形の小さい幅で鍛えて、関節硬直と筋肉の筋肉のしぼん形の小さい幅で鍛えます.中期怪我後2週間後,鼻水解消法、腫れがおさまっ,損傷組織が修復、骨折して安定している.この期間は上述の鍛えたほか、徐々に骨折の上の関節を鍛え、臨床治癒時には活動幅、回数及び活動の力を増大さ.末期の傷ななしち~じゅう週間後、骨折は臨床難い、関節の機能はほとんど回復して、病人は屋外での活動や力の仕事の功は家事に合わせて、マッサージ、物理療法や外部の血行をよくすること化瘀、快適な筋の漢方薬の活性化.