魅惑のフェロモン系アロマの種類について

 

魅惑のフェロモン系アロマは香りを嗅ぐだけで相手が魅了されてしまい、まさに恋のバラです!天然の植物の抽出物により配合され、甘く、美しく、ほ のかに切ない魔法の媚薬です。芸能人、モデル、OL等で愛用者激増中!気になる相手との距離を縮めることが期待されているアロマ入りのフェロモン香水で す。自分自身の隠れた魅力を最大限に引き出します!

魅惑のフェロモン系アロマの種類

・パチュリー
東南アジアでは媚薬として使われることもあるセクシーな香りを持ちます。ジャコウにも似た濃い香りは、気分を高揚させてくれます。
・グレープフルーツ
意外な気もしますが、柑橘系の中でもグレープフルーツの香りは、男性にとって性的魅力を感じる条件と結びついているそうです。
全身から匂わせるよりも、近寄った時にかすかに香るくらいにしておくのがオススメ。さらには、抱き合った時に香りが立ちやすいよう、胸元やおへそのあたりにつけておくといいでしょう。
・チュベローズ
濃厚なジャスミンのような香りを放つ花チュベローズのアロマは、南国の癒しとエキゾチックなムードの両方を感じられる香りです。マッサージクリームなどとして使うと気分が高まります。
・ローズ
成熟した女性らしさを表現する香りのローズ。マウスウォッシュとして使ってバラの吐息を作りだしたり、ボディローションに混ぜてふんわりと香らせるようにしてみましょう。媚薬
・ネロリ
上品なフローラル系なので、大人女子の普段使いにも使えますが、催淫効果もあるとっておきのアロマです。ビターオレンジの花から抽出された精油は、心と体のバランスと密接に関係するホルモンにも影響を与えるといわれています。
魅惑のフェロモン系アロマの使用方法

1回1-2プッシュの量で耳の後ろや、うなじ、手首やひじの内側、また足首などにつけてください。
※魅惑のフェロモン系アロマの使用効果には個人差があり、効果を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です