体質の鼻水解消法5行体の体質はどのように保養して

夏の空気と気力が通じる、夏養生は早寝早起き、静養、運動後に汗を流し、汗で、汗で.飲食の養生の方面で、宜を増田酸減苦、肝臓、腎臓に養生胃气の原則を食宜あっさり、多く野菜、果物を食べ、雑穀.五行体はどのように養生するべきですか?

1、金型の人

体質の特徴:体形が小さいが、肩の比較的広い、エレガントな顔、鼻直口闊、四肢優形、動作がすばしこい、皮膚の色が白い.

生活養生:忌は怒って、穏やかな心理状態を維持し、思い出させてかんしゃくを防ぐため、やけどにおいついせき鼻.朝または夕方に鍛え、大汗をかいても気になりません.

飲食の養生:多く食べて純粋な心の肺を潤すことの品、キクラゲ、クロキクラゲ、ビワ、ユリなど.

p>に耳を炒肝<薬膳――腰:

白木耳にじゅうグラム、クロキクラゲにじゅうグラム、豚レバーごじゅうグラム、豚の腎臓ごじゅうグラム、焼酎ろくグラム、塩さんグラム、味の素さんグラム、ネギの姜さんじゅうグラム、グラム、かたくり粉にじゅうグラム、素油35グラム.シロキクラゲは、クロキクラゲはぬるま湯で髪に時間に行って、蔕頭、不純物、花びら状にちぎる;豚レバーをきれいに洗って、薄切り、豚の腎臓をきれいに洗って、2つに切り、白い生臭い腺に切り腰花、かたくり粉、塩、化学調味料をつかむ均等で、のりづけし;姜切片を切り、ネギ.置を強火に鍋を熱し、加入素油、焼き入れ6割暑い時,ショウガ、ネギを香に破裂して、すぐ下に豚レバー、豚の腎臓、焼酎、キクラゲ、クロキクラゲ、塩、化学調味料は、炒め.肺を潤すことが肝の効果を補う.

p二、木型人

P体質の特徴:肌が蒼白,鼻水解消法、頭が小さく、頭が長い、背中がしっかりと、体が小さく、手足が柔軟に.

起居養生:宜早寝早起き、忌火は楽観的な心,情緒.

飲食の養生:食べる必要がありますが解熱養陰唾液の分泌を促進して食品、例えばビワ、メロン、シャクヤク、キクラゲ、シロキクラゲなど.

p薬膳、芍薬粥:

シャクヤクにじゅうグラム、うるち米ひゃくグラム、大きいナツメじゅうご枚、麦芽糖適量.まず、シャクヤク、ナツメ水適量を加えて、火で煎じ薬、かすを取り出して、水を入れて、うるち米、強火で沸騰したら弱火で切り替え煮詰める重湯.食べる時に入って麦芽糖適量、滋陰柔肝の効果.