蒋介石の鼻水解消法養生の秘訣

蒋介石は中国近代政治史として、生活起居において、多くの細部において,養生の哲理をゆるしている.蒋氏を見渡して88年苦い漫人生、その養生法則でも以下の五戒:

PはPPPは早くも若い時期、蒋介石は非常に気短だ.一度不順の事、いつも怒っ機をたたく.まさに蒋氏本人1921年から1925年日記に書いたのは肆口暴言は不体裁だ.何ならないそのを長官に一度、重大過失を記録にとどめる.1925年後、蒋介石は性格上の欠点を極力抑制する、何よりも戒怒.彼は日記の中で曾发四誓い、つまり口にしない呪いと手を、言葉憤激、息がはびこって.西安事変後、蒋介石が意識を読み返して『墨子》、《老子》といくつかと養生に関する医学書籍のうち、多怒は百脈が悪いんの道理、彼は心朗然.晩年になってから、蒋介石は道を総括し、怒りの鍵、怒りが発作になる時,必ず手を尽くして我慢して.この胸の炎を調節して避けるだけではなく、一時の怒り、養生の目的を達成する.

戒欲

私は30歳以前、蒋介石の私生活は一度風流放蕩.1930年以降、43歳の蒋介石は顺調、生活環境は優越し、生活環境は優越して、このとき彼は体の問題を保養することを考慮し始めた.蒋介石は、人の欲求、特に生理的欲求が抑制されず、その先天性体質にダメージを受けかねない.蒋介石は国民党総裁になってから、異性との接触と交際、さらに公式主催の飲み会、ダンスパーティーもめったに参加していた.60歳以後、蒋介石は欲望の欲望から戒欲欲に発展していく.台灣の伝記作家王丰著書の中でかつては夫婦は、蒋介石と歴史的建築物)年に老年期、老さんは台灣の時代にも、徐々にもう性交、民国50年代のベッドで寝て正式に分.

戎勇む

蒋介石は南京で黄浦路の間、からは戒ずとしての座右の銘.彼はかつてなかれ古有明訓:急に焦って、うつうつとは生、飽き.何事も考えて、徐而图の;イライラは万禍の源、理性は大事.

『p』戎むさぼら

Pは、お金物質とはなく、晩年を健康にすること、少なく多くの利益を得、多く食べて得ないものがないと主張している.食べすぎると、有害な体」.彼はお金があれ、古いことを買ってはいない.飲食,鼻水解消法、70歳にまで、高血圧、動脈硬化など慢性疾患がありません.

PはPP事は多ければ品は少なし

.多くの神経が疲れて言.多傷体.多くの政治生涯外、蒋介石戎の別の原因、多言多消費神、言葉少な精神.台灣の後、彼は歴史的建築物と意見交換の際にも、常に手真似自分の思想を表現する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です