花粉症についての知識の紹介サイト

花粉症とは、I型アレルギー(いちがたアレルギー)に分類される疾患の一つです。英語ではhay fever、pollen allergy、pollen diseaseなどといいます。主な症状というと、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみとされ、一般に花粉症の4大症状と呼ばれます。そのほか、頭痛や 頭重感、微熱、食欲不振の状態も出ます。時々下痢・吐き気・腹痛などの消化器症状が出る場合もあります。

花粉症になる原因はなんですか。花粉症患者の7割は杉花粉症です。一番の原因になるのは、全国の森林面積の50%を占めるという広大な針葉樹が生み出す花粉量の多さです。杉や檜は樹齢30年を過ぎると子孫を残すために、特に多くの花粉を排出するように なりました。

花粉症の治療には、医療機関に行って、自分の状況により薬物療法、手術治療、減感作療法を選択しま す。しかも花粉症の重症化を防ぐため、早く治療したほうがいいです。また、治療を行うことと同時に自らが花粉の暴露から身を守ることもすごく重要だと思わ れました。そのほか不規則な生活リズムや、睡眠不足、過労や精神的ストレスを避けることは症状軽減に有効な場合があります。

外出時間や窓を開けての掃除をする時間を変えます。地域によって花粉飛散量が多い時間なども異なります。一般的には夜間 – 早朝が少ないといわれます。晴れて気温が高くて、湿度の低い風のある日が花粉が多いです。最後に、よく運動して、体質を向上させます。